[else header]

風水不動産相談室|本当は気になる!?風水と統計学を 基にした物件探しのスタンダード

世田谷区の居住イメージ

 | 投稿日 : 2016年03月09日  | カテゴリー : 経堂

こんにちは、わくわく不動産の倉沢です。
春の引越シーズンも山場を迎えておりますが、新入生の世田谷への引っ越し需要は4月まで続きます。地域型の不動産屋を経営しているだけでなく、地域商店街の理事も拝命している事から世田谷区のイメージは日々気にしております。一般的に世田谷がどのように見られているのかをWEBアンケートを実施して長所と短所を把握する事でよりよい街づくりに活かしています!

クラウドワークスよりAさんの寄稿をご参考にしてみてください!
ーーーーーーーーーー
Aさん寄稿

世田谷は地域的に居住費が高く、近隣物価が高い為、生活するうえで経費が多くかかります。 それゆえ、高所得者が多く居住しています。 高所得者は高い水準の教育を受けていることが多く、それは豊かな人間性を育みます。 それを裏付けるように、世田谷周辺には私立の小中学校がたくさんあります。

都内で私立学校に通うに当たり、とても交通の便が良いのが世田谷の大きなメリットです。 環七には多くの経路でバスが出ており、電車も東横線をメインとして、様々なルートを通ります。 目黒、渋谷、広尾、成城、祖師谷、二子玉川、用賀、恵比寿、新宿、吉祥寺や八王子方面などに行くのに利便性が高く、 通学経路で学校の選択の幅を狭めることがありません。 特に付属校が多く、これは、子供の将来性に大きく影響し、且つ教育の質を保つことが出来るということです。

学校の教育の差は、地域性に大きく影響されるからです。 それから、敷地面積が広いので農園も多く存在しています。 等々力渓谷や駒沢や砧、羽根木公園などの大きな公園も多く、緑の環境も豊かです。 歴史も古く、美術館などの文化施設やミュージアムも充実しています。 サザエさんでおなじみの桜新町など、情緒豊かな一面も。 道路設備もしっかりと整えられていることから、道路周辺環境も抜群で、安全性がとても高いのがわかります。 こうしたことから、世田谷の教育に関する利便性を大きく感じることが出来るでしょう。

デメリットとしては、246号線や環状7号線などの主要道路が通っていますので、周辺道路環境は整っていて利便性が高くはあるものの、 裏返してはいずれの道路も交通量が多いこということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
■裏の世田谷を知る!?世田谷の異界をご紹介する世田谷ワンダーツアーズ
■住みたい物件を今すぐほしい!物件リクエスト
■起業時、独立時の店舗物件のご相談は倉沢涼子まで
■クーポン付き世田谷地域情報東急田園都市線版
■クーポン付き世田谷地域情報小田急線版

Category

~不動産スペシャルサイト 特集一覧~